Category : 車の構造について

Home » Archive by category : 車の構造について

アイドリングストップとは アイドリングストップは、赤信号などで停止した場合に自動的にエンジンが停止する仕組みです。 多くの車種は停止する際にブレーキペダルを強めに踏みこむだけでエンジンが停止します。 中にはアクセルペダル [..

続きを読む

サンドウィッチに例えると具がブレーキディスクで、パッドがパンみないなものです… ちょっと何を言っているか分からない人が大半だと思いますので、もう少しだけ詳しく説明したいと思います。 自動車にはディスクブレーキというブレー [..

続きを読む

「ラダーフレーム構造」は、馬車の頃から使用されている構造で、ハシゴ状のフレームを基本として、その上にボディを載せ、下部にはサスペンションやステアリング、あるいは走行装置関連の部品が付いているというのが大まかな構造です。 [..

続きを読む

モノコック構造とは・・・ボディとシャシが一体となった構造のことをいいます。 現在の乗用車のボディはモノコック構造を使用していることがほとんどで、モノコックボディと呼ばれる。 昔の乗用車のようなフレーム構造より軽量化が可能 [..

続きを読む

馬力とは? 決められた時間内に、どれだけ重い荷物を、どれだけ遠くまでに運べるかを、馬何頭分に当たるかで表示したのが馬力です。 昔は馬車で物を運んでましたからね! 一頭の馬の力はどれくらい?よくわかりませんね。 数値で表し [..

続きを読む

「回生ブレーキ」とは、通常はモーターへ電気を送り込んで車両や機器を動かしますが、その動いた車両や機器の運動エネルギーを活用して逆にモーターで発電を行い、電気エネルギー(回生エネルギー)として回収する仕組みのことをさします [..

続きを読む