Category : もしもの時は!

Home » Archive by category : もしもの時は!

まずは問い合わせ、相談、申込から!! 多くの整備工場では、まずお電話、メール、お問合せフォーム、FAXにて修理箇所や、自動車のことで困っていることを問合せ、相談します。 希望の予算などがあれば伝えてもよいでしょう。その後 [..

続きを読む

抱っこやシートベルトではダメ! 例えば、抱っこをしたまま時速50kmでクルマが衝突した場合、お子様の体重の約30倍もの力が抱っこしている腕にかかるといわれており、それを人の力で支えることはできません。 またクルマのシート [..

続きを読む

嘔吐物を取り除く! 車内で嘔吐した場合、シートカバーなど取り外しが可能なものは取り外し洗いましょう。 しかし、シートカバーがついてなかったり取り外しができないシートベルトなどに付着した場合は、 濡れタオルなどで嘔吐物を取 [..

続きを読む

運転中に緊急地震速報が発表された場合 運転中に気象庁から緊急地震速報が発表された場合は、震度4以上の地震が発生する可能性がありますので、周囲の状況に応じてハザードランプを点滅させ速度を落としましょう。 運転中に大地震が発 [..

続きを読む

きちんとした決まりはありませんが、一般的にフロアマットが濡れるレベルが水没車、冠水車と判断されることが多いです。川や海に落ちてしまった場合は、もちろん水没車となりますが、豪雨などでフロアマットまで水が達してしまった場合に [..

続きを読む

自動車保険のカギを握るのは「保険等級」 自動車保険には「等級」が存在します。 等級は1等級〜20等級まであり、自動車保険に加入したばかりの頃は6等級からスタートします。一年間無事故で過ごせば等級は一つずつ上がって行き、そ [..

続きを読む

車のタイヤがパンクする原因は? 車のタイヤがパンクする原因を下記にまとめてみました。 1.トレッド面(接地面)へ釘など異物が刺さった場合 タイヤに鋭利な釘やガラス片等が刺さった場合に起こるパンクで、前輪タイヤよりも後輪タ [..

続きを読む

クルマから離れる時は、エンジンを停めて施錠を! クルマから離れるときは、たとえ少しの時間でも必ずエンジンを停止し、施錠しましょう。 エンジンをかけたままクルマから離れると、自動車盗難の被害に遭う可能性が高くなります。 ま [..

続きを読む

クルマの部品やカーナビ、積んでいる荷物などは、盗難抑止に役立つアイテムを活用して対策しましょう。 【ナンバープレートロックボルト】 特殊なネジ頭部の形状で、通常のドライバーなどで外すことができないロックボルトです。 付属 [..

続きを読む