Category : 車の歴史について

Home » Archive by category : 車の歴史について

右ハンドルが使用されている理由 自動車が発売された当初は、右ハンドルが一般的だったようです。 馬車に乗る際に右手でムチを扱えるよう右側に座っていたため。 重いレバー操作は利き手である右手で行う事が望ましかったため。 レバ [..

続きを読む

車検とは、自動車検査登録制度のことで、道路運送車両法にて規定されています。つまり、日本の車検制度は、この法律とともに始まったということです。 道路運送車両法が公布された目的は、道路運送車両に関し、安全性の確保および公害の [..

続きを読む

パトカーは昭和24年1月、浅草署でアメリカ軍から払い下げを受けたクルマのボディーに「移動警察」と表示して試験的に実施。その後、昭和25年6月にアメリカ軍からオープンカーを譲り受けて、初めて登場しました。その当時、日本で生 [..

続きを読む

1936年に東京の救急業務を開始する際、寄贈を受けた6台の救急車に赤色の線が入れられたのがはじまり。東京では、すでに1934年から日本赤十字社東京支部が2台ある白塗りの救急車で救急業務を行っていたので、これと区別するため [..

続きを読む

自家用車としても需要が増えています 福祉車両は、身体の不自由な人や高齢者にとって移動の自由を広げるクルマです。デイサービスの送迎車のように車いすごと乗れるリフト付き車両、介護タクシーで使われるスロープ付き車両など、いろい [..

続きを読む