Category : 夏・熱さ対策について

Home » Archive by category : 夏・熱さ対策について

夏など日射が強い時期の駐車は、なるべく日陰を選んで駐車するか、窓に日除けを付けるとよいでしょう。 また、車内には溶けやすい菓子類や炭酸飲料などを残しておくと、車内温度が上昇した時に溶け出したり、破裂したりする場合があるの [..

続きを読む

エアコンガスの不足や漏れ カーエアコンが冷える為の燃料でもある冷媒(エアコンガス)が不足していたり、 漏れたりしていると、冷えない原因になります。 ガスを補充しても、どこからか漏れてしまっていると、すぐに冷えなくなってし [..

続きを読む

秋の車内温度の上昇には特徴があるの? 厳しい残暑も10月を迎える頃には勢いを弱めます。それと同時に、さわやかな風が吹き始める秋ですが、JAFによるユーザーテストの結果では、車内温度は秋の過ごしやすい天候でも車内温度は50 [..

続きを読む

春でも車内温度はそんなに上がるの? 春先の気候は日差しがそれほど強くなく穏やかな日が多く、日中の最高気温は10時頃から日没まで高くても20℃を少し上回る程度の外気温です。しかし、JAFによるユーザーテストでは、そうした過 [..

続きを読む

車内における正しい冷却スプレー缶の使用方法 ここ数年猛暑が続いていることもあり、暑くなった車内の温度を瞬時に下げられる冷却スプレー缶の人気が高まっています。手軽な価格で入手でき、暑さ対策のグッズとして取扱店舗も拡大してい [..

続きを読む

どうして車両火災が起きるのか? 車両火災の原因にはさまざまな理由があります。燃料やオイル漏れに起因するものやエンジンルーム内へのウエスの置き忘れ、バッテリーのターミナルが緩むことで発生するショートによっても発火の危険性が [..

続きを読む

JAFは真夏の炎天下で車内温度がどのように変化するのか、テストを行いました。8月の晴天で外気温35℃の状況下において、昼12時から16時の4時間、車内温度を測定しました。窓を閉め切った車両(黒色のボディ)では、エンジンを [..

続きを読む

発電量と消費電力のバランスが問題 夏場のトラブルで多いのが、バッテリー上がりです。炎天下で渋滞に巻き込まれたときが、実は最も危険な状態です バッテリーは温度変化に弱く、特に低温状態ではその機能が著しく低下してしまいます。 [..

続きを読む