Category : 交通事故防止について

Home » Archive by category : 交通事故防止について

雨天時は水たまりにタイヤがとられたりして、ふらついてしまう場合があります。 きちんとした舗装路でも雨の降り始めはゴミが浮いて滑りやすく、マンホールのフタや工事用鉄板の上は特に滑りやすい状態です。 そういった危険な現象を防 [..

続きを読む

一般道路と高速道路では、適したタイヤの空気圧に違いはあるのか 一般道路の場合は車ごとに設定された指定空気圧が最適と考えられますが、高速道路では指定空気圧よりも1割~2割ほど高い空気圧が良いとされています。 今は昔と違いタ [..

続きを読む

睡眠をとる まずは基本です。運転前はよく睡眠をとること。 運転前に寝不足であれば眠気が襲ってくるのは当たり前です。基本の睡眠時間をとってしっかりとした体調にて運転しましょう。 ガムや飴等の硬いものの食べる 硬いものは脳に [..

続きを読む

安全性に対する意識を高めることが義務化の要因 シートベルトの設置は道路運送車両法で、装着については道路交通法でそれぞれ規定が定められています。まず後席の装備規定から見ていくと、1994年4月1日以降の生産車に後席両側を3 [..

続きを読む

すり抜け走行とは何ですか? 「二輪車のすり抜け走行」(以下、すり抜け走行)とは、バイクを含む二輪車で車両の側方を通過する行為です。具体的には赤色信号や渋滞等により停車している自動車の間を二輪車等が走行する行為を示していま [..

続きを読む

交通事故による被害は、クルマが衝突した際の衝撃力に関係しています。そして、この衝撃力に大きな影響を及ぼすのが速度です。衝突時の衝撃力は速度と重量が増すほど大きくなり、固いものにぶつかったときのように、短時間に行われるほど [..

続きを読む

■風通しのよい橋の上や陸橋、トンネル出入口付近がもっとも危険。 ■アイスバーンは雪道以上に滑るので注意が必要。 ■道路脇の道路との境の矢印や反射板のポールを見当に走行する。 降雪時の路面は、雪の量や走行する時間帯などによ [..

続きを読む

以前、クルマがフラフラするのでおかしいな?と思ったらタイヤの空気がものすごく抜けていたことがありました。また、パンクやタイヤの片べりも経験したことがあるのですが、いづれも気が付かない間に大変なことになっていました。 タイ [..

続きを読む

高速道路は一般道に比べて走行速度域が高いため、ドライバーのちょっとした不注意や交通ルール違反が思わぬ大事故につながることがあります。道路標識に注意しながら、道路や交通などの状況にあった安全な速度で走行しましょう。2車線以 [..

続きを読む

走行中に、普段は感じないような振動や揺れが生じた場合、車両トラブルが発生している可能性が考えられます。体感できるほどの振動はステアリングからドライバーに伝わるもののほかに、ブレーキやアクセル、シフトノブなどの「操作系」、 [..

続きを読む