雨天走行のポイントは?

Home » 交通事故防止について » 雨天走行のポイントは?
交通事故防止について, 日常的に気をつける事 コメントはまだありません

雨天時は水たまりにタイヤがとられたりして、ふらついてしまう場合があります。
きちんとした舗装路でも雨の降り始めはゴミが浮いて滑りやすく、マンホールのフタや工事用鉄板の上は特に滑りやすい状態です。
そういった危険な現象を防ぐためにもタイヤの摩耗や空気圧はしっかりチェックしておきましょう。

また歩行者の方も傘をさして視野が狭くなっています。
歩行者のそばを通る際には間隔を大きくとり、昼間でもヘッドライトを点灯し歩行者に視認してもらうなど、安全を心がけて運転しましょう。 水たまりがある時は水はねなど迷惑をかけないような配慮も大切です。

出典:HONDAワンポイントアドバイス