なぜ車検があるのか?

Home » 整備について » なぜ車検があるのか?
整備について, 車について素朴な疑問 コメントはまだありません

車検をなぜ受けないといけないのか

日本の道路を運行する自動車は、車両ごとに自動車登録番号標(いわゆるナンバープレート)を付け、自動車検査証(車検証)を備え、検査標章(いわゆる車検ステッカー)を表示しなければならないことが国の定めた道路運送車両法により義務付けられています。
自動車検査証(車検証)には自動車の種類に応じて、有効期間が定められており、この有効期間を過ぎるとその車両は道路を運行することができません。

道路運送車両法第62条に「自動車の使用者は、自動車検査証(車検証)の有効期間満了後も当該自動車を使用しようとするときは、当該自動車を提示して、国土交通大臣の行う継続検査を受けなければならない。」とあります。
車検とは、一般的にこの継続検査のことを言います。

車検の際には、車両が国の定める保安基準に適合しているかどうかを検査し、適合していないと自動車検査証(車検証)の有効期限の更新はできません。

保安基準とは、「自動車の構造、装置、乗車定員および最大積載量についての保安上又は公害防止上の包括的な技術基準」と定められており、簡単に言うと日本の道路を安全に環境に配慮して走る上で、車は最低限こうでなくてはいけないよというルールのようなものです。

つまり車検とは、日本の道路を運行する自動車が国の定めた基準に適合し、安全でかつ環境に良い状態であるかどうかを定期的にチェックし、改善させるための制度と言えます。

ですから皆さんの乗られている車も、法律的にだけではなく安全のため、環境のために車検を受ける必要があるのです。